設備・技術紹介
薄板・厚板問わず10尺までの板物の切り・曲げ加工が一貫して可能な工場を目指してレーザー、ベンダー、シャーリング等を設備しています。

ファイバーレーザー加工機

レーザー加工機
名称
ドイツ製トルンプ(TRUMPF)
ファイバーレーザー加工機L3030Fiber
レーザー出力:4000KW
能力
加工範囲:1524ミリ×3048ミリ
加工材軟鋼:25mm
ステンレス:20mm
アルミ:20mm
純アルミ:8mm
銅板:3㎜まで
特徴
レーザーならではの小回りで
複雑な単品加工から量産加工まで幅広く対応
・5×10の板が加工可能なため、幅広い板の取り合わせが可能です。
・量産・短納期に対応のパレットチェンジャー付
・ステンレス、アルミをすべてクリーンカットで行っています。

ベンダー加工機

ベンダー加工機
名称
名称:アマダ製ベンダー EG6013
能力
曲げ能力:60t
長さ:1300mm
・ベンドCAMの導入により、複雑な曲げ加工の段取りを短縮。
・薄板の数物の生産性を高めた加工機。

ベンダ-加工機

ベンダー加工機
名称
関西鉄工製ベンダー NC付き
能力
曲げ能力:200t
長さ:3500mm
特徴
長い間蓄積されたノウハウで、より複雑な曲げ物にも対応
・板厚7mmまで 長さ3500の長物曲げも可能
・薄板深さ150ミリの曲げに対応
・大きさを選ばないR曲げ加工

シャーリング

シャーリング
名称
アマダ製 ハイドリック式
能力
切断加工範囲:3050ミリ
(切厚・形状によっては4000ミリまで可能)
特徴
板物の切断、加工が可能。

三次元CADシステム

三次元CADシステム
名称
MetaCAM製 2次元・3次元CAD
特徴
複雑な構造を展開できる板物3次元作図ソフト
・展開前の構造を3次元にて作成・展開します。
・DXFデータの読み取り可能。Eメールでのデータ受取も行ってます。
・三次元作図ソフトにより、ダクトやホッパーなどの展開も可能です。